記事の詳細

季節の変わり目には衣替えを行ないますが、次のシーズンにしまった衣類を出したとき、違和感を感じたことはありませんか?
それはもしかしたら衣替え衣類の収納が間違っている可能性があります。

1シーズン使った衣類は洗濯の仕方に一手間加えたり、収納の仕方にちょっと工夫をしたりするいくつかのポイントがあるのです。
まずは衣類を仕舞う前に必ず洗濯を行なって、匂いや変色の原因の汚れを徹底的に洗い流すため、洗濯機に入れる前に皮脂汚れの発生しやすい襟や脇の下に洗剤の原液をそのまま擦り込むようにしてから洗います。
洗濯をした衣類を干す時には、きちんとシワを伸ばしてからにしましょう。

乾いたら衣類用収納ケースに、「取り出す時に選びやすいようにする」「衣類を傷めないようにする」「出し入れしやすくする」の3つのポイントを考えてしまってください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る