記事の詳細

キッチンの換気扇は定期的に掃除したい場所ではありますが、こびりついた油汚れを落とすのに時間がかかってしまいます。
こうした油汚れの付いている物全てに言えることですが、油汚れは気温が高いほど落ちやすい特徴があるため、換気扇を始めとした油汚れの本格的な掃除は夏場に一気に行なうのが良いでしょう。

掃除の仕方も簡単で、シンクに熱いお湯を溜めておき、その中にオキシクリーンなどの漂白剤を投入します。
そして油汚れを落としたいものを浸け置きするだけです。
大体一晩くらいは浸け置きしておきたいので、この掃除をするのは夜にするのがベストでしょう。
浸け置きが終わったらシンクのお湯を落としつつ、中に浸けておいた換気扇等は食器用洗剤で軽く洗えばピカピカと新品のようにキレイな状態になります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る